思い出の写真で可愛いウェルカムボード作り

大好きな人と結ばれる結婚。そして、友人やお世話になった方々を招待しての結婚式。一生に何度もあるわけではありません。結婚式をするカップルは誰でも思い出に残る最高の結婚式をしたいと思うものです。そんな結婚式を最高のものにする為の様々な演出があります。ドレスやタキシードなどの衣装、結婚式をする会場、招待客へ出すお料理、また口取や引き出物などのお土産。結婚式の準備ではこの一つ一つをどんなものを選べば喜ばれるのかじっくりと選んでいきます。会場を選んだら、席を決めたり、席にかけるテーブルクロスやお客様一人一人の席に置くナプキンの色、そして会場を彩るお花を決めたりします。テーブルクロスやお花の色一つで会場のイメージはガラリと変わります。自分たちのイメージにはどんな色が合うかなどをウエディングプランナーと話し合って決めます。結婚式当日、招待客の一番目に止まる場所に置くウェルカムボード。これは自分たちで作る人が多いと思います。自分たちの似顔絵を書いてもらって置く人もいます。結婚式までの道のりは人それぞれですが、たくさんの思い出が詰まっていると思います。そんな自分たちの道のりを見せれる写真をウェルカムボードに使うと招待客にも楽しんでもらえます。小さい頃の写真やプロポーズされた時の記念の写真などを使うと素敵なウェルカムボードになるのではないでしょうか。結婚式には小物の演出が大きな役割を果たします。

ウェルカムボードで目を引く写真

ウェルカムボードには、付き合っていた頃、つまり新郎新婦がまだ彼氏彼女だった頃の写真を載せると、結婚式に参列下人は、足をとめてじっくりと見てくれます。古い友人などは、二人がどこで知り合い、どのような付き合いだったのかとても興味があります。新婦を初めて見る人は、結婚式のウェディングドレスとばっちりメイクしか知らないので、普段の彼女について知れることも楽しいことだと思います。ウェルカムボードは業者に依頼することもできます。絵描きさんに自分たちのイラストを頼むこともできますが、料金が高いです。今では、100円均一や300円均一などで、天使のマスコットや、ぬいぐるみ、花や草、大き目のコルクボードなどが売られているため、自作する人も多いです。自作すると、数千円以内で納まり、時間や気持ちを込めて自分たちが作ったものは、見る側にも喜ばれることが多いです。彼氏彼女だった頃に、旅行先でとった写真などを何枚かコルクボードに張り、可愛くデコレーションすると、とてもカラフルで、派手になります。結婚式に参列した人は、必ずじっくりと見てくれるでしょう。ただ、ガラスにローマ字で名前が書いてあるより、ずっと立ち止まってみてくれる人は増えます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*